一人暮らしの食事にとっても便利な宅配食

>

一人暮らしの方へ宅配食を勧める理由

宅配食の種類は

大きく分けると、お弁当タイプと総菜のタイプに分けることが出来、これは主食がついているかどうかの違いになります。
お弁当タイプはご飯とおかずが全てセットになっているので、自分で準備するものは何もありません。
それに比べると、総菜タイプはおかずのみのお届けになるため、ご飯などの主食を準備する必要があります。
また、総菜タイプには主菜や副菜など、その日の料理がワンセットになっているものと、色々なおかずが個別にパックされているセットなどが挙げられます。

また、保存の状態も様々。
常温の場合は、すぐに食べることを前提としている為保存がきかないと思ってよいでしょう。
冷蔵は保存期間があまり長くはありませんが、料理したてに近い状態と再現できますね。
冷凍になると、保存は長期間できますがたくさんそろえるとなると保存スペースが必要になります。
冷凍の場合は、素材の食感を損なう場合があるのが気になるところでしょうか。

宅配食のお届け方法の違い

宅配食のサービスはお届けの方法も色々あります。
常温の場合はすぐに食べることを想定しており、俗に言うデリバリーのイメージの様に考えていただければよいでしょう。
レトルトの状態で届けてくれるサービスには、ネットショッピングの様に届けられるものもありますので、若い方には身近に感じられるのではないでしょうか。

また、玄関先に保冷箱に入れた状態で届けてくれるようなサービスもありますので、自宅にいる機会が多い方にはよいかもしれません。

また、週に何日など、日替わりで届けてくれるものから、1週間分などのまとまった量を一度に届けてくれるサービスなど、配達の頻度も様々なので、自宅にいる時間などを考慮して選ぶ必要がありそうです。